お風呂入らないアトピーのかゆみとしみない石鹸

お風呂には結構苦労してきました

私はアトピー持ちなのもあって、シャワーやお湯、石鹸がしみたり、上がってからかゆみが出たりと、お風呂には結構苦労してきました。

 

お湯に関しては、湯船に浸かると、大して高くない温度のお湯でも身体が痒くなってきます。
やっぱり顔や首の体温が上昇するからかな、と思ってます。

 

お風呂あがりは、すぐ肌が乾燥してしまうので、なるべく早めに保湿剤やステロイド外用薬を塗るようにしているのですが、そうすると数分後に我慢できない痒みに襲われます。

 

石鹸もしみるから、できるだけ泡だけで洗ったりという工夫をしてきましたが、それだとベタつきがうまく取れませんでした。汚い話、垢みたいにタオルで拭くと出ることもあります。

 

ネットで探してみると、お風呂が辛い人は私の他にもたくさんいるみたいで、みんな色々な工夫をしているようでした。

 

アトピーでお風呂が辛い人のやってる対策

お風呂に入らない

ストレートに・・・でも気持ちはわかります。

 

石鹸を使わない

特に市販の合成シャンプーやリンス、ボディーソープが良くないようです。

 

アトピー用の入浴剤を入れる

肌潤風呂というのが人気高いみたいでした

 

ぬるま湯入浴

41度で入ってましたが、熱すぎるらしく38度ぐらいで入ると刺激が少ないです。

 

お風呂用の浄水器をつける

水道水に含まれる残留塩素を除去するとピリピリ感がなくなるそうです。

 

私もできるものから試してみて、やはりどれもそれなりに効果はあったかなと思います。
ただ、これを効果があると言っていいのかわかりませんが、一番楽なのはやっぱお風呂に入らないのとか石鹸を使わないことなんですよね・・・

 

お風呂に入らなければ、お湯の刺激や体温の上昇、風呂上がりの肌の乾燥がないわけですから。
それと石鹸を使わないのもしみることがないので楽になります。
お医者さんの中にもカサつく肌のため保湿の意味で入浴を控えろと言う意見もあるみたいですしね。

 

そこで改めて、お風呂に入らないのとか石鹸を使わないのってどうなんだろう?

って思って調べてみると、やっぱりアトピーにとってお風呂に入らないのはNGと言う意見が圧倒的多数でした。

 

お風呂に入らない・石鹸を使わないのがダメな理由

お風呂に入らないのはNGと言う意見の人は、詳しい人が多くて、こんな理由でアトピーに良くないというのを解説されてました。

 

皮膚を清潔にしないとアレルゲンが皮膚に残って痒くなって掻いちゃうから、悪化してしまう

 

ステロイドで免疫が弱まっていると引っ掻き傷から細菌感染しやすくなっていて黄色ブドウ球菌が蔓延してきます。アトピーの場合は皮膚のバリア機能が低下しているためカ外来菌の感染症にかかりやすいです。

 

アトピーは乾燥肌のようになるため保湿を多量にしてしまいますが、脂質が毛穴にたまり脂漏性皮膚炎になってしまいます。この脂質を栄養にマラセチア菌(カビ)が繁殖

 

このように、黄色ブドウ球菌の蔓延やカビの繁殖を防がないと悪化してしまうので、特にステロイドで免疫が弱っているアトピーの人ほど清潔にしないとダメみたいです。

 

清潔といっても、ただ清潔にするだけならお湯でも汚れは落ちるんですが、黄色ブドウ球菌の蔓延やカビの繁殖を防ぐには除菌が必要なので、石鹸を使う必要があるんです。

 

入浴剤やぬるま湯入浴で工夫しながらも、やっぱり石鹸が重要なんですね。
でもやっぱ石鹸を使うとしみるし乾燥するから、何かいいものはないかな・・って探していて見つけたのが、かきむしり肌専用の石鹸です。

 

かきむしり肌専用の石鹸

それが、しみずの無添加ボディソープという石鹸です。

 

HPに書いてあった通り、結構肌にやさしいのか、まず何と言ってもしみることがないのが良かったです。

 

それと、保湿もしっかりしてくれるというのが、普通の石鹸とかきむしり肌専用の石鹸の違うところです。

 

私の場合は、風呂あがりにすぐ乾燥していたのが、このボディソープを使うと保湿がしっかりしているので、慌ててステロイド外用薬を塗らなくても良くなりました。

 

やっぱりある程度肌の体温が下がってから薬を塗ると強烈な痒みはないんですよね。

 

除菌についてはどう違うのかわかりませんが、これなら毎日使えるので、ベタつきが残ることも無くなりました。

 

アトピーでお風呂や石鹸に悩んでいる人は試してみてもいいと思いますよ。

 

→私が使ったかきむしり肌専用の石鹸